2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!
レーシック資料一括請求!!

トップページ教養試験対策公務員試験、過去問を使った勉強方法【東京消防庁を目指す!!消防官への道】

教養試験対策

東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、
こん○○わ。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

公務員採用試験の試験勉強をする時には、 
必ず過去問からとりかかるようにしています。


過去問にとりかかる際には、インプットとアウトプットの2つの方法があると言われています。


学習初期はインプットです。
試験の難易度にもよると思いますが、過去問をインプット的な使い方をするようにしています。

要するに、解答を見ながら解いていくんです。
基本書や参考書を補完していく役割です。

過去の失敗を考えて見ると、学習初期からアウトプット的に使用すると、だいたい復習段階で絶望ししまいました。

そう簡単に知識は積み重ならないんですよね。

一番思うのが、時間の無駄遣いだなって思うんです。
そのため、初期はインプット的に過去問を勉強します。


学習初期はあせらず、一歩ずつ、学習を進めるようにしています。

計画的にです!

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


トラックバックURL
この記事へのコメント
1. テラ   2007年01月02日 03:56
初めまして!「PC My Life」のテラオ ジュンと申します。
特進の相互リンクに登録させていただきました。
ありがとうございました。
色々と勉強させていただきます。宜しくお願いしますね。
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔