2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!
レーシック資料一括請求!!

トップページ救急救命士新しい心肺蘇生法ガイドライン2005の必要性【東京消防庁を目指す!!消防官への道】

救急救命士

東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

2005年に救急法の国際ガイドラインである

心肺蘇生法ガイドライン2005が制定され、

ガイドラインの日本語版も出てきていますね。

 

「絶え間ない心臓マッサージ」が強調され、

心臓マッサージと人工呼吸の比率の変更、

AEDの連続使用回数の変更が主なところでしょうか。

各地で心肺蘇生法ガイドライン2005に沿った心肺蘇生法講習会も開催され、

わかりやすくまとまったハンドブックも販売されていました。

 

消防職員は救急隊員だけではなくPA連携とかもあるので、

心肺蘇生法ガイドライン2005については必要になってくる知識ですよね。

救急領域は日進月歩!日々アップデートしなければ。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


トラックバックURL
この記事へのトラックバック
ふと気づいたら,会社に AED が置いてありました.なんだかとっても場違いだったのですが,そういえば先日 AED の最適配置の話を聴いたなぁと思い出し,書いてみました. リンク: Tyzohブログ - AED(自動体外式除細動器)と空間ドキュメント管理システム.
2. 心肺蘇生法  [ 健康、病気なし、医者いらず ]   2007年01月09日 01:50
いやー、一週間夏休みで、お休みを貰ったんですが。 その後、その分働かされているっていうか。 ずいぶん呼ばれちゃいましたよー。 なんと、この週末4日間で、心肺停止の患者が3人。 しかも、AM3時とか、AM6時?? pn??8
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔