2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!
レーシック資料一括請求!!

トップページ消防について消防職員の平均年齢【東京消防庁を目指す!!消防官への道】

消防について

東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、

消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

日本社会は少子高齢化社会へと進んできています。

実は消防の中でも高年齢化が進んできているそうです。

つまり消防職員の平均年齢が高年齢化してきているそうです。

 

消防庁によると、

平成14年4月1日時点で

消防職員の平均年齢は41.1歳となっており、

一般行政職の42.3歳よりやや低いものの、

40歳代が全体の4割近くを占めているそうです。

 

また、平成13年度から再任用制度が導入され、

消防司令以下の階級にある職員等については、

平成19年4月までに適用することとしており、

今後、消防職員の平均年齢の高年齢化対策を

一層推進する必要があるとされています。

 

消防機関においては、再任用職員の豊富な経験と知識の活用を図るとともに、

  1)装備の軽量化・動力化・安全化

  2)部隊編成、消防戦術の見直し・検討

  3)計画的な体力錬成

  4)能力開発、適正な人事配置、人事交流

などの総合的な対策を推進し、活力ある体制の確立が必要であるとされています。

 

消防職員の平均年齢の高年齢化が進んでいるとは知りませんでした。

でも体力が資本の消防ですから、

年齢を重ねると活動も大変になってくるのではないかなと思うんですけど・・・

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔