2ヶ月後には5万円を稼ぐ!アフィリエイトノウハウ完全版!
レーシック資料一括請求!!

トップページ救急救命士ビックカメラで自動体外式除細動器を小売業界で初めて販売

救急救命士

 
 東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 突然の心肺停止患者さんを救うために大きな役割を果たしてくれるAED(自動大体外式除細動器)の設置が全各地で急ピッチで進んでいます。

そんな中、家電量販店であるビックカメラでAEDが販売されることになったそうです。これは小売業界初だそうです。

 

以下、BCNランキングより

 ビックカメラ(宮嶋宏幸社長)は、心停止状態からの蘇生に役立つ救命装置「自動体外式除細動器(Automated External Defibrillator:AED)」を、ビックカメラ有楽町店で5月24日から販売すると発表した。小売店で「AED」を販売するのは業界初の試み。

 ラインアップと価格は、フィリップスエレクトロニクスジャパン製の「ハートスタートHS1」が42万8000円、日本光電工業製の「カルジオライフAED-9231」が38万8000円。

 「AED」は、突然の心停止の際、電気ショックを与えることで突然死を防止する救命器具。欧米では病院や救急車のほか、パトカー、航空機、空港、スポーツ施設、ゴルフ場など公共施設や民間施設での導入が進んでいる。一方、日本では、これまで医師や看護師、救急救命士に限り「AED」の使用が認められていたが、04年7月に一般の人でも使用できるようになった。その後、公共施設を中心に設置が進み、民間施設でも設置する動きが広がっている。

http://bcnranking.jp/sales/13-00014032.html

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


トラックバックURL
この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔