2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

東京消防庁の特徴


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東京消防庁の出初式は国内最大で、世界でも類を見ないほどの消防イベントです。

東京消防庁の出初式は毎年1月6日に行われ、多くの人が足を運んで東京消防庁の消防力を楽しんでいます。

東京消防庁出初式の見どころは、多種多様の消防車両に、世界に誇るハイパーレスキュー隊を中心とした災害訓練、東京消防庁音楽隊(カラーガーズ隊)のパレードでしょうか。

迫力満点の東京消防庁の力を楽しむことができます。

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、

消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

東京消防庁災害救急情報センター(指令センター)

 東京消防庁には災害救急情報センター(以下指令センター)が23区(本庁:千代田区)に1か所と多摩地区(立川)に1か所の計2か所にあります。

 市民が東京消防庁管内で119番通報すればこの指令センターにつながるようになっているのです。

 第1〜第7、第十消防方面本部管内からは本庁の指令センターに、第8、第9消防方面本部管内からは立川にある多摩地区指令センターにつながり、各隊に出場指令が下されるのです。

 ちなみに、どちらのセンターからも、方面を問わずどの隊にでも指令をすることが可能だそうです。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、

消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

計画出場とは

 計画出場とは、災害の種別や、その災害等の発生場所(○○町○丁目)ごとに出場する隊を決め、災害等が発生したら決められた隊が出場するという出場方式のことです。東京消防庁には、普通出場計画、高速道路出場計画、救急特別計画出場などがあるみたいです

 覚知(119番が入った時間)の段階で予知として「○○区火災報」と知らせ、続いて指令で「○○区○丁目」と各隊に住所が知らされます。

 出場各隊は、災害の種別ごとに出場する地域が決められているため、隊名を令されなくても指令住所を聞いただけで出場することができるのです。

 救急の場合は出場件数が非常に多く、さらに動態管理されており、直近の救急隊が出場されている場合には第二、第三の直近救急隊が出場するようになっています。

 また、重症例の場合にはPA連携としてポンプ隊が出場することもあります。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、

消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

出場指令の種類

 災害救急情報センター(指令センター)で119番通報を受けた指令員は、災害の種別(「火事ですか救急ですか」)、場所、規模(何人、建物の大きさ)などの情報から最適な出場部隊を即座に編成して、出場指令をかけます。

 出場指令(部隊編成の方法)には、大きく分けると2種類があります。計画出場と特命出場です。

 でも計画出場と特命出場ってどのように違うのでしょうか?知っていますか?

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、

消防官として働かれている方、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

 東京消防庁には、音楽の演奏を通じて市民と消防との融和をはかり、消防活動の広報にあたるために音楽隊を設けています。

 東京消防庁音楽隊は日本の中で消防音楽隊としてはじめて発足したそうです。発足は昭和24年7月16日で、昭和23年3月7日の自治体消防制度の制定によって東京消防庁が発足したその翌年にさかのぼります。

 当時は、敗戦の痛手から首都東京の再建に励む都民の士気高揚に貢献するためと防火防災思想の普及のために、旧海軍軍楽隊のメンバーを主体に、23名で東京消防庁音楽隊が発足したそうです。

 東京消防音楽隊の場合、構成している人の多くが音楽大学卒業者で、入庁後に消防学校を経て消防署のポンプ小隊や救急隊に所属している消防官の音楽隊希望者の中から選抜されているそうです。

ちなみに、東京消防庁音楽隊の場合は音楽活動を専門業務としているそうで、他の大多数の消防本部の音楽隊(約150隊)は消防の通常業務と兼ねて活動しているそうです。

   →詳しくはこちら

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。