2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

ハイパーレスキュー隊

 東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道のハイパーレスキュー隊の卵キュータです。

 

 東京消防庁のハイパーレスキュー隊には通常の救助隊車両とは異なるみたいですね。

ハイパーレスキュー隊専用車両を持っているんですね。

 ●救助車(II型)
 ●震災用救助車III型
 ●ドラグショベル
 ●トラクタショベル
 ●20tクレーン車
 ●無人走行放水車(レインボー5)
 ●大型化学車
 ●屈折放水塔車
 ●排煙高発泡車
 ●救援車(ターミネーター)
 ●スーパーアンビュランス(特殊救急車)
 ●送水車・ホース延長車(スーパーポンパー)
 ●10t水槽車
 ●資器材搬送車

などがあります。

 →詳細はこちらから

 

ハイパーレスキュー市場

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、
こん○○わ。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東京消防庁ハイパーレスキュー隊は国内派遣活動だけではなくて、海外で災害が起こった際にも救助活動に参加しているそうです。

自衛隊と協力をして、現地に入ったりもするんですね。

そのため救助車(IV 型)は自衛隊のC130型輸送機による空輸を考慮して、車両を小型化されているんですね。

最近の東京消防庁ハイパーレスキュー隊の海外派遣活動について調べてみました。

 

○平成11年1月 コロンビア共和国地震災害

○平成11年8月 トルコ共和国地震災害

○平成11年9月 台湾地震災害

○平成15年5月 アルジェリア民主人民共和国

○平成16年2月 モロッコ王国地震災害

○平成16年12月 インドネシア共和国スマトラ島沖地震災害

 

地震での海外派遣活動が多いですね。

やっぱり地震国である日本の特性を生かしてなんですかね?

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、
こん○○わ。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東京消防庁のハイパーレスキュー隊の活躍は新潟中越地震の活躍が記憶に新しいですよね。

東京消防庁ハイパーレスキュー隊は東京だけにとどまらず、国内の各種災害においても派遣され救出活動を行っているみたいです。

東京消防庁ハイパーレスキュー隊の日本国内での救助活動を調べてみました。

 

○平成8年12月  長野県小谷村土石流災害

○平成9年3月  山梨県勝沼町林野火災

○平成12年4月 北海道有珠山火山活動

○平成12年6月 東京都三宅島火山活動

○平成15年9月 栃木県黒磯市タイヤ工場火災

○平成15年10月 北海道苫小牧市石油タンク火災

○平成16年7月 新潟・福島豪雨災害

○平成16年10月 新潟県中越地震災害

 

さらに、国内だけにとどまらず海外派遣活動も行われているみたいです。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、
こん○○わ。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東京消防庁にはハイパーレスキュー隊があります。

そこで今日は東京消防庁ハイパーレスキュー隊について調べてみました。

 

災害現場で活躍する東京消防庁のハイパーレスキュー隊には、各役割によって「機動救助隊」、「機動特科隊」、「機動救急救援隊」に分けられています。

 

「機動救助隊」

救助車 II 型、救助車 III 型、救助車 IV 型、救助先行車からなり、あらゆる救助活動に出場し、人命救助の最先端で活動する隊です。

救助車 IV 型は輸送機にも搭載でき、自衛隊と連携して国内外に迅速出場しています。

 

「機動特科隊」

大型重機(パワーショベル、ブルドーザー、トラッククレーン)を有し、従来の消防力では活動困難な場所も対応可能となっています。

また、消防法の改正により、消防機関でも活動の障害となる車両を除去でき、災害現場に出場することが可能となり、重機はその際に大きな力を発揮しています。

 

「機動救急救援隊」

特殊救急車を有しており、救急救命士を中心に現場救護所を設定し災害現場でのトリアージや応急処置を行っています。

また、資器材輸送車や遠距離大量放水車など後方から最前線へバックアップすを行ったりしています。

 

ハイパーレスキューについて知りたい人は、やっぱこれでしょう!

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、
こん○○わ。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東京消防庁ハイパーレスキュー隊に新しく1隊新設されるというニュースを耳にしました。

紹介しますね。

 

新潟中越地震の際に皆川優太君(当時2才)を救出した東京消防庁のハイパーレスキュー隊(消防救助機動部隊)に、07年4月新たに東京都23区内の東北部に新設する予定が明らかになりました。

現在ある第二消防方面本部(大田区)、第三消防方面本部(渋谷区)、第八消防方面本部(立川市)のハイパーレスキュー隊に続いて4隊目となります。

第二消防方面本部(大田区)と第八消防方面本部(立川市)にあるハイパーレスキュー隊には、それぞれクレーン車、ブルドーザーなどの重機が3台と特殊技術を有する60名の隊員が在籍しています。

第三消防方面本部(渋谷区)のハイパーレスキュー隊には、サリンなどの有毒物質を分析する機器、毒物に汚染された患者の身体を消毒する移動用設備などを備え、化学分野の専門的知識を有する45名の隊員が緊急時に備えています。


そして、来年4月に新設が予定されているハイパーレスキュー隊は、災害発生時に緊急車両を優先的に通行できる環状7号線に隣接し、水上輸送を可能とする河川に挟まれた立地条件にあり、23区の東北部の災害に即対応できる体制を敷く予定となっています。

消火活動に河川の水を利用するほかに、洪水などの水害を想定して、急流時の救助技術に長けた隊員の配置とボートなどの資機材が整備されます。



東京都の平成18年度予算案で大規模災害への備えとして10億円の予算が計上されており、新設予定のハイパーレスキュー隊庁舎の改築や設備の補充をはじめ、クレーン車やブルドーザーなどの重機に充てられます。

同案の審議が通れば、来年4月の開設を目指して本格的に準備が進められます。

(毎日新聞より)

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。