2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

東京消防庁ニュース


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

東海地震の発生が危惧され、東海地域では震災に対する被害を最小限に留めるために地域間を超えて訓練に励んでいるそうです。

先日、2月24日には東京消防庁航空隊、横浜市安全管理局航空隊、静岡県消防防災航空隊が合同で、伊豆地域の大規模災害を想定した訓練が行われたそうです。

災害を想定して訓練をすることによって、実際の現場で迅速な活動ができるようになりますね。さらに、他の消防と合同で行うことによって、横の連携が確認できるので、いいですよね。

 

それにしても、東海地震が起きるとなると、夜も眠れないですよね。

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。



東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

毎年3月上旬の一週間は「春の火災予防運動」期間となっていますね。

毎年、有名人がイメージキャラクラーとして起用され火災予防を訴えています。

2008年の「春の火災予防運動」には、タレントの関根麻里さんが起用され、2月22日、東京大手町の東京消防庁で行われた消防総監感謝状の贈呈式に出席ししています。

 

実は、関根麻里さんは東京消防庁とも少し関係があるそうです。

祖父の故・関根清さんは東京消防庁の職員として勤務していたこともあり、父の関根勤さんも消防隊員を志したことがあるそうです。

関根麻里さんはいわゆる消防一家で育ったのです。

関根麻里さんは「火の用心の大切さを幼少の頃から聞かされて育った」と話しているそうです。

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。



東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

先日、1月6日に東京消防庁出初め式2008が東京都江東区有明の東京ビッグサイトで行われましたね。NHKも放送していましたね。

東京消防庁の消防隊員や都内の消防団、企業の自衛消防隊員ら計約2800人が参加し、車両は消防車約130台、ヘリコプター4機、消防艇9艇が動員されたそうです。

昨年渋谷で起きた温泉施設爆発事故の経験と教訓について消防総監があいさつし、ハイパーレスキュー隊を中心とした災害救助訓練、消防艇による放水、江戸時代の「火消し」の伝統を受け継ぐはしご乗りが披露されました。

 

伝統の消防の中に最新の技術ありといった内容だったように思います。この1年間に消防の世界にどのようなことが起きていくのでしょうか。

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。



東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

平成20年に東京消防庁主催で東京国際消防防災展2008が開催されるそうです。

消防関係者には興味深い展覧会だと思います。

東京国際消防防災展2008では、

 ・防災体験
 ・火災、救急、地震など対する取組みの紹介
 ・自然災害・NBC災害などに対する取組みの紹介
 ・消防訓練の実施
 ・国内外の最新鋭の消防装備(車両・機器)の展示・体験
 ・防災シンポジウム等の開催
 ・2016年東京五輪の開催を見据えた、防災都市東京の発信

についてのプログラムが予定されているんだそうです。

●日時 平成20年6月5日(木)〜8日(日)

●場所 東京ビッグサイト

今からそわそわしているキュータでした。

 

消防ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


 東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 119番通報の急増に対応するため、東京消防庁は2007年6月1日から、救急隊員が現場で救急搬送の必要のない患者を選別する「トリアージ(患者の選択)」制度を全国で初めて試験運用を開始することになったそうです。

 東京消防庁は、通報から平均7分30秒かかっている救急車の到着時間の短縮につなげたいとしているそうです。東京消防庁の救急車の到着時間は全国平均よりも時間がかかっているのです。

 東京消防庁によると、都内(東久留米市、稲城市、島しょ部を除く)の救急車の出動件数は、1995年の44万8450件から、2005年には69万9971件に急増。これに伴い、救急車が到着するまでの平均時間も、95年の6分18秒から05年には7分30秒と、1分12秒も遅くなったそうです。

 

引用元:読売オンライン
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20070523it05.htm?from=top

 

消防官ブログランキングの応援もよろしくお願いします。