2ヶ月目から5万円!?小さな資産の作り方はこちら!
今日からできる!93%の人が知らない一人勝ちの記憶術

教養試験対策

東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。 東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。  東京消防庁採用試験合格に向けて、まず受験科目や問題数、試験時間などの概要を把握するようにします。敵を知るのです。  多くの人は公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法を参考にしていると思います。 まずは、過去問から解きはじめ、敵を知って対策を立てます。  勝ち組と呼ばれる人たちは以下のように逆算して効率的に進行していきます。これが、これが合格までの道のりなのです。   目標設定(成功)       ↓   過程(計画)       ↓   その日にやらなければいけないと(日時計画) まず何から手をつけていいのかわからない人は、過去問を解いて試験傾向を知り、自分の弱い分野を把握しましょう。 「大卒警察官教養試験 過去問350 (公務員試験合格の500シリーズ)」が全体を把握できといいと思います。 消防官用過去問はないのか、と思う方もいるかもしれません。 しかし、消防官用過去問は出ていないのが現状です。 警察官採用試験は消防官採用試験と出題傾向が似ているので、 個人的には警察官用の過去問でも十分だと思います。 ☆ブログランキングの応援もよろしくお願いします。

東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

 東京消防庁消防官採用試験の教養試験は大きく分けて4つの分野に分けられています。

 

 ●「一般知能」(文章理解、判断推理、数的処理、資料解釈)、
 ●「自然科学」(数学、物理、化学、生物、地学)、
 ●「人文科学」(日本史、世界史、地理、思想、文学・芸術)
 ●「社会科学」(政治・経済、社会、時事)

 

 教養試験の中で受験生を泣かせているのが「一般知能」であり、配点が大きくなっています。

 過去問を解いてみると、「一般知能」分野が多く出題されているのがわかります。

そのため、「一般知能」に重点をおいて勉強することが大切になってきます。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。


東京消防庁を目指して頑張っている人、消防官を目指している人、消防官として働かれている人、こん○○は。

東京消防庁を目指す!!消防官への道の消防官の卵キュータです。

 

 砂漠の中を歩いていると、歩けど歩けどまだ緑は見えてこない。さらには水もない。途方に暮れてしまいますよね。

 

 実は東京消防庁採用試験もこの砂漠の中を歩いているのと同じなのです。東京消防庁採用試験の最大の特徴は「出題範囲が広すぎる」のです。


東京消防庁採用試験の中の教養試験と呼ばれている試験だけでも、数的処理、判断推理、資料解釈、文章理解、自然科学、社会科学、人文科学…が含まれています。

一つ一つ潰していったのでは到底時間がないし、最後までたどり着けません。


その膨大な量から不安になったりします。

最悪の場合にはドロップアウトしてしまうという結果に陥る人もいると聞きます。

では、どうすればいいのでしょうかね?

効率の良い勉強法「最速受験術」 を参考に。

 

ブログランキングの応援もよろしくお願いします。